心構え

在宅ワーカーになるには心構えが必要です。何度も言いますが在宅ワークとは個人事業主であり、人から雇われる雇用形態ではありません。
個人事業主ということは、あなたが会社の責任者です。今まで助けてもらった上司や先輩はいません。全ての責任をあなた自身が負う事になるのです。

仕事をしていく上で失敗する事もあるでしょう。悩む事も沢山あるでしょう。しかし在宅ワーカーになるというのは全ての責任が自分自身で負う事になるのを忘れないで下さい。
仕事はクライアントから仕事の発注が来て、あなたが仕事を受注した時点で契約が成立します。
契約をしたからには、約束事(納期や期限)を必ず守る必要が出てきます。1度約束をしたからにはどれだけ忙しくても、仕事に追われても必ず納品する義務が発生してきます。
納期に遅れればあなたが責任を取る必要が出てきます。

数日の納期遅れなら問題ないとか。少しくらいの入力ミスなら大丈夫とか。そのような考えは一切禁物なのです。
その会社の代表者としての自覚を持ち、責任をもった言動、行動が求められてきます。

約束を1つ1つ守って仕事を続けていく事でクライアント様との信頼関係も生まれてきます。もちろん信頼関係が生まれれば仕事の量も増えるでしょうし、頼まれる仕事も増えていく事でしょう。
このような当たり前の事ですが、約束した事は何がなんでも守る。あなた自身が全ての責任を負う。という事を心に銘じてから、在宅ワークの求人募集へ応募をする様にして下さい。