在宅ワークとはどのような仕事なのか

自宅を拠点として取り組める仕事を在宅ワークといいます。
以前の在宅ワークの仕事は、シール貼り内職や、袋詰めなどの手作業内職、在宅ワークが大半だったようですが、現在主流の在宅ワークはパソコンを使った仕事が多いです。

また、在宅ワークは、自宅で仕事をしている個人事業主のことを指します。
その為、雇用保険の被保険者とはならず、国民年金や国民健康保険に加入する必要がでてきます。個人事業主になりますので、責任は全て自己責任となります。 個人事業主で取り組む事で、時間の自由が利くようになりますので、ある程度自分の都合に合わせて仕事の予定を組むことができるようになります。

現在在宅ワークをしている人、探している人が在宅ワークを始めるきっかけとしているのが「現状の収入では生活が困難でプラスの副収入を得たい」「家事・育児・介護と両立した仕事がしたい」などという利用ではじめる主婦の方、社会人の方が多いです。

在宅ワークには、資格が必要な仕事内容もありますが、比較的パソコン初心者の方でも取り組める仕事も多いです。 初心者の方に人気の仕事内容は、パソコンを使った打ち込みの仕事になっております。